アルクヒアリングマラソンとフィリピン留学で効率よく英語上級者に!

ヒアリングマラソン✕フィリピン留学

不安

1日3時間も勉強するの?

更新日:

どうして1000時間?

アルクヒアリングマラソンでは1日3時間の学習×365日で1000時間のという計算となっています。
1日3時間ってツライ...とくに社会人や主婦にはこの時間を捻出するのは難しいですよね。
ちなみに海外で生活したり海外旅行をしても、1日3時間しっかり英語で会話するような場面はほとんどありません(ビジネスは除く)。

この1000時間というのは英語を見聞きして慣れるための時間であり、机に向かって勉強する時間ではありません。通学・通勤時間や家事をしている間に聞いているだけ(多聴)も含んでいます。

小学校から大学までの英語の合計授業時間数は平均736時間

中学・高校だけなら平均628時間だそうです。あれほど苦痛だった英語の授業がたったの628時間ということは、1000時間というのは凄くハードルが高く感じるかもしれません。
しかしヒアリングマラソンは、その名の通りリスニングに重点を置いています。単語を丸暗記したり英文法や構文に取り組むものではなく、まずはネイティブのスピードやリズムといった生の英語に慣れることを目的としています。

また、学校や資格勉強のヒアリングと違って、ネイティブの会話やスピーチを聞くことで英語耳をつくります。これは、いざ海外へ行ったとき、外国人と話すときに効果を実感するでしょう。
資格用のCDを聞き慣れても、いざ海外へ行ったとき愕然とするからです。

通学・通勤している場合、私たちは無意識に毎日約12時間ほど日本語を耳にしています。ということは、たった3ヶ月。1000時間聴くということは、実はハードルの高いことではないのです。

当たり前のように聞く習慣をつくりましょう。「理解しようとする」という学校勉強の方法ではなく、そのスピードを自然と思えるところから始めるのがヒアリングマラソンの効果的な使い方です。

ヒアリングマラソンが他の教材と違う点

多国多人数の英語を聞くことで、実際に海外にいるような英語耳を作る工夫
さまざまな分野のコンテンツで飽きない工夫
 順不同で初~上級者レベルのコンテンツを盛り込む工夫

1年間続けられるか不安、受講費用がちょっと...という方は6ヶ月コースから取り組んでみましょう!

-不安

Copyright© ヒアリングマラソン✕フィリピン留学 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.